ドテラでお仕事・精油の市場規模【16】

doTERRAでお仕事
この記事は約3分で読めます。
msflore

まつもとひろあき
hiro@msflore.com
神奈川県横浜市在住
doTERRAビジネス活動は、安定した収入の連鎖をみんなのために、みんなでつくるをモットーにします。

msfloreをフォローする

ブログ13の続きです。

6、日本国内市場
海外同様に国内も順調に伸びているようです。2019年度で、100億円という壁を越えるらしい。。。

doTERRA Japanのスタートは、2012年。設立7年目で100億超えると同じ時期にスタートした企業としては、doTERRA Japanのみらしい。。。未上場なので調べようが無いです。

ネットワークビジネスという分野では、業界雑誌も出版されておりおおよその売上げ予想数値を掲載しております。これによると2019年度のドテラ・ジャパンの売上予測数値は、89億円!少し差がありますが、売上数値としては、経過年数からも良いと思います。

日本国内の精油市場としては、AEAJ( 公益社団法人 日本アロマ環境協会 )にて2012年より3年間間隔で発表されております。2018年時点では、3,564億円(2015年より7%成長)【参考リンク】


精油配合の化粧品、防虫スプレーやマスクなどが伸びており、精油適用場面の広がりを受け、これからも成長が期待される市場です。但し、成長スピードは緩やかな様子を持っていると思います、おそらくは年2~3%成長ではないでしょうか。日本市場も期待はできそうです。

7、競合
精油・アロマという分野で調べると、競合はすごくたくさんおります。国内・海外含めて、たくさんおります。「5、市場規模」にて世界の精油市場にてソースとした、Global Information Inc で2022年 111億9000万ドルの市場予測に登場する企業群は以下の顔ぶれです。ほとんど、聞いたことない企業でした(笑)

・CARGILL INC.(米国)
・DOWDUPONT(米国)
・FIRMENICH SA(スイス)
・FRUTAROM INDUSTRIES(イスラエル)
・GIVAUDAN SA(スイス)
・INTERNATIONAL FLAVORS & FRAGRANCES, INC.(米国)
・KONINKLIJKE DSM NV(オランダ)
・MANE SA(フランス)
・ROBERTET SA(フランス)
・ROCKY MOUNTAIN OILS(米国)
・SENSIENT TECHNOLOGIES CORPORATION(米国)
・SYMRISE AG(ドイツ)
・THE LEBERMUTH COMPANY, INC. (米国)
・YOUNG LIVING ESSENTIAL OILS(米国)こちらは、doTERRAの創業メンバー所属企業
・DOTERRA INTERNATIONAL(米国)
これら企業の中で、精油に特化しているのはdoTERRAとYOUNG LIVINGの2社だけとなるようです。

8、製品利用者の声
これについては、自分自身で経験したこともあり、良いという意外にないです。人によっては、ドテラの製品は「波動が高い」と感じる方も多くいらっしゃるようです。私には、まったくわかりません。(笑)

~まとめ~
ドテラという企業を調べていくと、かなりいい企業なんだ~と感じました。精油業界についても、今後の成長が期待できる分野であり、面白そうです。

③へつづく。

  

ご質問などのお問い合わせはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました