ドテラ ビジネスタイミング【27】

doTERRAでお仕事
この記事は約2分で読めます。
msflore

まつもとひろあき
hiro@msflore.com
神奈川県横浜市在住
doTERRAビジネス活動は、安定した収入の連鎖をみんなのために、みんなでつくるをモットーにします。

msfloreをフォローする

これまでビジネスブログとお伝えしてきたことをまとめます。
1、ドテラは、売上げ規模・経営理念・成長性からとても健全な企業。
2、精油業界は、今後も順調に拡大していく。
3、CPTGという最高品質+世界普及の目的においてMLMは最適な流通方法。

というのが私の理解です。

ここでは、今後に起こり得る可能性についてです。私が、ドテラをお伝えすることを仕事ととらえたほうが良いと感じた最大の理由は、タイミングです。セミナーに参加して聞いた話しなので、多少は話を盛っていると思っています。

よく聞く話とは思いますが、米国で流行ったモノは、数年遅れて日本でも流行るという現象があります。食べ物、洋服、テレビ番組、などなど。米国ドテラ は、2008年スタートし、12年後の現在は、米国だけでおよそ300万人以上のユーザーがおります。米国総人口3.3 億人の1%いかないくらいです。

2012年にスタートしたdoTERRA Japan は、8年経過し10万人を超えてきました。総人口1.2億人0.08% 程度です。日本は、米国と4年の時間差を空けています。増加率は米国にはかないませんが、米国でおこった現象は、日本でも再現される可能性もあります。これから日本の利用者も爆増する可能性をもっています。0.08% が、1%(120万人) 近くへ普及する可能性もあります。

米国との比較にて、普及期に突入する可能性もあること。


また、会社勤めの方であればご経験されている方もいらっしゃると思いますが時代にマッチした製品は、個人の実力をはるかに超えて普及する。という現象があります。私の場合には会社勤めにて同じような経験がありましたので、とても理解できる現象です。

では、ドテラのエッセンシャル・オイルは時代にあっているか? 合っていると感じています。医療費の問題、セルフケアの重要性、ストレス社会など、健康に関することが、ますます大事になってくる世界です。

このようなことから、はじめるタイミングとしても良いと考えました。ビジネスですから、タイミングは必ずあります。普及してしまってからではお仕事には向きません。

しかも、お金のことを考えると、「Blog 23 ドテラのはじめかた」にてお伝えしたように、会員登録費用¥3,500 だけで始められます。初期投資¥3,500 で始められるお仕事は、他にありますかね?

製品も良い、ビジネスタイミングも良い、初期費用もわずか、という状況であればやらない手はないよね~ という判断に至ったわけです。但し、このビジネスは、早いスタート=勝ち ではなく、きちんと取組み、組織を構築できた人が結果を出せるビジネスだと理解しています。

  

ご質問などのお問い合わせはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました